阪神間を中心に大阪・兵庫エリアで事務機器の販売・リース・レンタル・メンテナンス

セントラル事務機株式会社

保守契約について

  • 保守契約とは、複合機のトラブル・故障に対して、サービスマンを派遣し修理を行う為の契約です。
  • コピー機・複合機を常に安定した状態で、お客様に安心してご利用頂けるよう、お客様と弊社の間で、保守契約を結んでいただいております。
  • 保守契約は、リース契約とは異なります。リース契約の他に保守契約を別途結ばなければ、メンテナンスやアフターフォロー(保守)は行われません。

メンテナンスギャランティ(カウンタ契約)

コピー・FAX・プリント出力時、1枚/毎を、1カウントとし保守料金が課金されるシステムです。

この料金には、ドラム(感光体)とデベロッパー(現像剤)の使用料。また様々なトラブルに対して、サービスマンが出張修理をする費用や、交換部品代も含まれます。

キット契約

コピーキットと呼ばれるトナーカートリッジをご購入いただくシステムです。

この料金には、ドラム(感光体)とデベロッパー(現像剤)の使用料。また様々なトラブルに対して、サービスマンが出張修理をする費用や、交換部品代も含まれます。

コピーキット(トナー)が無くなりましたら、またご購入頂くことで保守は継続されます。

スポット契約

故障や調整が必要になった時、その都度サービスマンを要請する保守契約です。

カウンタ料金は発生しませんが、訪問料や交換部品代など修理の都度、料金が発生します。

「カウンタ契約」や「キット契約」とは異なり、ドラム(感光体)とデベロッパー(現像剤)を複合機本体とは別途、前もって購入しなければなりません。

ページトップへ戻る